快適な駐車スペースを作るために覚えておきたいこと

2019年8月31日

ゆとりを持って駐車場を設計しよう!

マイホームを建てる時、駐車スペースについて悩む方が多いようです。限られた敷地を上手に活用するためにも、駐車場に必要となる広さをしっかりと把握しておきましょう。一般的に、駐車スペースに必要となる広さは、幅2.5メートル・長さ5メートルと言われています。しかし、これはあくまでも車を駐車することが出来る最小限のスペースなので、人が乗り降りすることや荷物の出し入れをすることを考慮すると、1メートルほどの余裕を持っておきたいところです。

駐車スペースとして幅3.5メートル・長さ6メートルほどの広さを確保しておけば、乗用車であれば不自由なく駐車することが出来るでしょう。駐車スペースにどれくらいの広さを割り当てるかは、実際に駐車することをイメージしたり、車の買い替えを想定しておくことが大事だと言えます。

庭も作りたい人にはビルトインガレージがオススメ!

大きめの庭を作りたいけど、駐車スペースを確保すると敷地がほとんど余らない…。そんな悩みを抱えている方は、ビルトインガレージを検討してみてはいかがでしょうか?ビルトインガレージとは住宅の中に設計されたガレージ(駐車スペース)のことです。住宅の中に駐車場があるので、駐車スペースを気にせずに庭を作ることが出来ます。

ビルトインガレージを設計する際には、車の高さに気をつけてください。所有している車の車高だけではなく、アンテナやルーフキャリアを取り付けた場合についてもしっかりと検討しておく必要があります。また、ビルトインガレージは1階の住宅スペースの設計に制限が出来てしまったり、建築費が高くなるなどといったマイナス面も持ち合わせているので、ビルトインガレージを設計する際には注意が必要です。

限られた予算で横浜の注文住宅を購入する事ができます。事前に物件の資料を請求してから比較検討する方法も取れます。