可変性を重視しよう!老後まで住める間取りの基本とは?

2020年4月30日

住みづらくなったらリフォームをしよう

注文住宅を建てるときには今の家族構成で住みやすいように間取りを設計するのが一般的です。その方が竣工して住み始めたときの満足度が高いのは明らかですが、子供が増えたり、親と同居したりするなど、家族構成が変わると住みづらくなることもあります。それでも我慢して住み続けることもできるでしょう。しかし、その時点でリフォームをすればまた快適に住めるようになります。注文住宅を建てるときには老後まで安心して快適に住み続けられるように設計をしておくのが大切です。その上で実は間取りの決め方はとても重要な部分なので、慎重に設計していつまでも住めるようにしましょう。

リフォームの自由度を上げる可変性

リフォームの自由度を上げるという観点で間取りを設計するとどんな形で家族構成が変わったとしても柔軟に対応できるようになります。住宅の可変性を上げるという考え方で間取りを設計するようにしましょう。柱や壁などがあまり多くなってしまっていると、動かせない場所が増えて可変性が低下してしまいがちです。パーティションなどで区切るのであれば問題ありませんが、家の構造自体を支える柱や壁はできるだけ家の外側にして、内側には極力置かないようにしましょう。

また、廊下の幅を広げやすく設計しておくのも大切です。誰もが若いうちであれば廊下はすれ違えるだけの幅があれば十分ですが、老後になって車椅子生活をするケースを考えると幅を広げたくなります。廊下の片側の壁は取り払えるようにして廊下沿いには支柱となる柱を置かないようにし、隣接する部屋には少し広さの余裕を持たせておくのが肝心です。

東京の注文住宅業者の中には30坪以下の敷地面積での建築を得意としている業者も多くあります。狭い土地しか手に入らないと言う方も理想を諦めずにマイホーム建築が出来る可能性があるので相談してみましょう。