見えないところに収納スペースを作ろう!!目的に応じた収納も大事!!

2020年10月13日

デッドスペースに収納を作る

建物の面積を広く取れなかったり建築コストを下げたいとき、あまり収納スペースを多くとれないかもしれません。生活に必要な物は固定ではなく時期などによって変化するので、収納をうまく活用して生活する必要があります。十分な収納がないと居住スペースに物を置くようになり、どんどん生活しづらくなってしまうでしょう。限られた広さや予算内で収納スペースを確保する方法としてデッドスペースの活用があります。よくあるのが階段下や屋根裏の利用で、こちらに収納できるようにすれば居住空間に物を置く状態は避けられるでしょう。キッチンにあるデッドスペースとして床下や空間があり、うまく収納を作ればキッチンが広く取れて作業がしやすくなるでしょう。

目的別収納と多目的収納

住宅にはいろいろな収納スペースがあり、玄関のシューズボックスは靴を収納しますし寝室のクローゼットには洋服を収納します。シューズボックスやクローゼットは目的別収納になり、家族それぞれの持ち物に合わせて収納スペースを確保できるように設計してもらうと良いでしょう。家造りの時には目的別収納の他に特定の目的を決めない多目的収納を作るのも良いかも知れません。廊下やリビングなどに設置して必要に応じて物が収納できるようにしておきます。特定の季節にしか使わない家電製品であったり来客時にしか使わない食器セットなどを収納するのに重宝しそうです。子供が増えたり親を迎えたりと将来的に家族が増える可能性があるでしょうが、多目的収納があると対応がしやすくなるでしょう。

福岡の注文住宅に依頼する場合に、ちょっとしたコツがあります。それは自分の希望や意見をはっきりと告げることです。